キャッシング限度額とは借りられる金額の上限

消費者金融のキャッシング限度額とは、利用者が借りられる金額の上限のことです。
キャッシングに限らずカードローンやそのほかのローン商品にも限度額というものがありますが、これはいわゆる融資額です。ただ、キャッシングやカードローンの場合は、その融資限度額の範囲で繰り返し借り入れができるのが特徴です。

 

例えば、融資額の上限が30万円の場合、そこから5万円を借りたら残り25万円までの借入れができます。しかし、初めに借りた5万円から3万円だけ返済返済すると融資額は23万円まで回復、5万円を返済しきれば融資額は30万円いっぱいまで回復します。
このように、きちんと返済をすることによって解約するまでの間は30万円の範囲で借り入れを繰り返すことができるのです。

 

融資額の上限は審査の際に決まるのですが、自分の返済能力に対して希望する融資額が大きいと審査に通過できない可能性があるので注意しましょう。
一般的には、平均年収の正社員で融資額30万円ほどが目安になり、条件がいい人でも融資額50万円が限界とされています。ただし、正しく利用を重ねていくうちに信用を高めることができれば融資額の上限を増額してもらうことも可能なので、初めは無理ない範囲で借りていき、正しく使って増額を期待するのがいいでしょう。

 

ちなみに、返済の延滞や滞納など問題がある場合は融資額の上限を下げられる、または停止や解約という可能性もあるので気を付けてください。