信用情報につく傷とは

信用情報とは、キャッシング、カードローン、クレジットカードなどの審査で必ずチェックされる項目の一つです。

 

信用情報の具体的な中身は、過去に申し込みをした際の氏名・性別・住所・電話番号・勤務先名・勤務先電話番号などの個人情報から始まり、取引種類・貸出形式・使途・担保有無・極度設定金額・残債額・返済履歴などの借り入れにおける情報があります。
こうした記録は全て個人信用情報機関で管理されており、CIC、JICC、KSCの3つの機関が存在します。

 

先述したように審査に利用される項目ですが、申込み者に相違点はないか、何件から借入れを受けているか、返済が滞りないかなどの確認がされます。
ここに問題があると信用できないとして融資はしてもらえないでしょう。例えば、一般的に収入が高い人は有利とされていますが、借入件数が多かったり返済の延滞などをしていると融資は厳しくなり、逆に収入が低くても、今まで一度も借り入れ申し込みをしたことがなくクリーンな人なら融資が期待できます。
そのくらい、金融機関や貸金業者としても融資リスクを減らすために重視している項目なのです。

 

さて、信用についた「傷」についてですが、正確には事故記録といいます。世間ではブラックリストと呼ばれることもあるようです。
返済の延滞、滞納、債務整理、多重申込みなどがあると事故扱いになります。債務者に返済の過失があるということで、場合によっては数年間は借り入れができないというリスクを負うこともあるので注意しなくてはいけません。