キャッシングに影響する属性とは

キャッシングやカードローンを利用する際は、必ずあなたの「属性」について審査がされます。一言で言うなら、「返済能力があるか」をチェックされます。これは銀行をはじめ様々な金融機関や民間ローン会社で幅広く行われています。では、融資担当者はどのような情報をもとに融資をするのかを、述べます。主に審査されるポイントは、年齢・職業・雇用形態・勤務先・勤務年数・年収・収入形態・居住年数・居住形態・住宅ローンか家賃の負担額・家族構成・持っている電話の種類・健康保険の種類などがあります。次にどのようなケースに有利・もしくは不利になりやすい傾向にあるのかを、述べていきます。年齢としては、20代後半から50代前半までの働き盛りの年代が通りやすいです。きちんとした収入が期待できるため、返済もきちんとやってくれると期待ができるからです。職業・雇用形態・勤務先ですが、公務員や大企業に勤務する正社員は高評価されます。どちらも安定収入があり、勤続年数が長くなる傾向にあるので、返済能力が高いと判断されるからです。一方非正規雇用の場合は、いつ辞める(解雇される)かわからないから、評価が低くなりがちです。また自営業や個人事業主の場合も、「借入金を事業に使う可能性が高い」と判断されるために評価が低くなりがちです。家賃等の住宅に関する負担金が月々の収入に対し、どのぐらいあるのかが借り入れに影響をおよぼします。大体収入の3分の1を超えると、不利になってきます。